アフィリエイトを外注化するときにはまず相場を調べよう

アフィリエイトを外注化するときにはまず相場を調べよう

こんにちは、住田です。

これまで仕事の効率化をするために、
外注さんのべ200人以上に
お仕事をお願いしてきました。

その経験則で、仕事を外注化するときのコツを
お伝えしていこうと思います。

その2
『依頼前に相場を調べる』

クラウドワークス(CW)を使って
外注さんに仕事をお願いする場合、
相手の方は主婦だったり大学生だったりと
個人の方が大半です。

個人の方は
自分の仕事の価値をいまいちよく分かっていません。

またこちらも初めて仕事をお願いする場合
どれぐらいの金額でお願いするのが妥当なのか
よく分かりません。

こういった個人の外注さんに仕事をお願いする場合、
金額を叩こうと思えば、いくらでも叩けます。

普通に考えれば
尋常じゃなく安すぎでしょと思うような仕事でも
引き受けてくれる人はいます。

 

ただ、こういった値段の下落は良くないと僕は考えています。

基本的に外注化を考える場合は、
ある程度の長期間取引することを考えますが、
悪条件では長期の取引が難しいからです。

毎回新規の方とばかりお付き合いをしていると
こちらも徐々に疲れてきてしまいます。

また、安い金額でも引き受けてくれる人は
あまり良い仕事をしてくれる人は少ないです。

安かろう悪かろうだと
こちらの管理体制を強化していかないといけないので
せっかく外注化をしていても
思ったよりも効率化することができません。

 

そのため、お互いに気持ちよくお使いできる金額が
結局のところ一番良いのです。

 

これぐらい安いといいなという金額ではなく
市場の相場にあった金額で依頼をすることを
意識してください。

相場の調べ方としては、
CWでお仕事を探してみれば、
自分と似たようなお仕事を依頼している人が
見つかると思います。

その人たちの依頼内容を参考にしながら、
依頼金額を決めていきます。

 

とはいって、厳密な相場は分からないものなので
ある程度の相場感覚が分かれば
それで依頼をかけてみましょう。

たくさん集まるようであればもう少し安く、
あまり暑らないようであればもう少し高くと
試行錯誤していってください。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です