小豆島に移住をしようと考えたけどやめた理由

小豆島に移住をしようと考えたけどやめた理由

こんにちは、住田です。

最近特に、
東京にいる意味が分からなくなってきました。

物価も高く、空気もきれいではないので、
あえて東京で暮らさないといけない理由って
何だろうなと思っています。

もちろん日本の中心なので
ビジネスをする上ではトップだと思います。

東京には情報が集まります。
著名な方のセミナーも頻繁に開催されてます、

会いたい人に気軽に会いにいけるという
物理的メリットも大きいです。

でも、僕はういうのは求めていません。
著名人に何十人に会おうと、セミナーに何十回出ようと
人生は変わらないからです。

たったひとりのメンターに出会えれば良くて
僕はメンターにもう出会いました。

そうなってくると、東京の地の利は失われてしまい、
もっと自分にあった環境で働くことが
大切なように僕は考えはじめました。

そこで、現在移住先を探しています。
今回視察旅行として小豆島に行ってきました。

小豆島は香川県の島で、
高松港からフェリーで1時間ほどの場所にあります。
羽田から3〜4時間ぐらいです。

小豆島への移住メリット

・1時間もあれば、島の好きなところに行ける
・郷土料理のソーメンや醤油がおいしい
・島なので常に海の音が聞こえる
・夕焼けが非常にきれい
・空気がきれい
・緑が多い

小豆島への移住デメリット

・東京へのアクセスがよくない
・食べ物の鮮度があまりよくない(地産地消が少ないため)
・島なので物価が高い
・郷土料理の佃煮がおいしいが、添加物がけっこう入っていた
・近年はダムが整備されたが、元々は水が豊かではない土地

 

小豆島に移住をしようと考えたけどやめた理由

まとめ

小豆島はとても良いところです。
旅行であればまた行きたい!
(ソーメンがあんなにおいしいとは・・・!)

でも僕の移住の条件には合致していなかったです。

移住の条件はこちら。
・東京へのアクセスが良いこと
・物価が安いこと
・水が豊かなこと
・食事がおいしいこと

島移住に憧れてたんですけど、
島って輸送費かかるから物価が高いんですよね。

あとこれから水不足の問題が大きくなってくると言われている中
水が少ない場所に行くのにやっぱり抵抗がありました。

行く前からあまり希望に合致していない
というのは分かっていたのですが、
フィーリングが働くかも!と思い見てきました。

ただ、フィーリングは残念ながら働きませんでした。

繰り返して言いますけど、僕と合わなかっただけです。

パンフレットとか役所から取り寄せた資料を見ていると
ここに移住するか!という気持ちでいっぱいだったのですが、
実際に自分の目で見てみないと分からないものですね。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です