あなたは『エビングハウスの忘却曲線』をご存知ですか?

こんにちは、三田です。

エビングハウスの忘却曲線をご存知でしょうか?
有名な話なので、一度は聞いたことがある人も多いと思います。

これは、人の記憶が忘れていく様子を数字で表したものです。

20分後には、「42%」を忘却。
1時間後には、「56%」を忘却。
1日後には、「74%」を忘却。
1週間後には、「77%」を忘却。
1ヶ月後には、「79%」を忘却。

参照:wikipedia

勘違いしている方も多いのですが、
この実験で記憶したものは、
「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節です。

そのため、実際の日常生活では
このようなことにはなりません。

セミナーに参加すると、講師の方がドヤ顔で
この忘却曲線の話をしていたりしますが、
すべての記憶がこういう数字になるわけありません。

指示した内容を1時間で半分近く忘れる部下とかいたら
考えただけでもぞっとしますしね・・。

 

ただ、人の記憶はどんどん薄れていくのは間違いありません。

例えば、本を読んで勉強になったと思っても
その本をきちんと身にできる人は少ないと思います。

僕のメンターは、
本を読みながらインデックスカードを書いていく
というやり方をしているのですが、
インプットとアウトプットのバランスが大切です。

 

インプットばっかりだと、
結局どんどん忘れていって
身になっていないケースが多いように思います。

特に日本人は勉強するのが好きで、
何のために勉強をするのかという目的がなくなって、
勉強をすることが目的になってしまっている人もよく見かけます。

 

勉強は、勉強しただけでは意味がありません。
勉強をした結果、自分がどう変われるのか
というところに着目をしましょう。

インプットしたらすぐにアウトプット!していくことで
どんどん変わっていくことができると思います。