牛乳とは全く異質!コーヒーフレッシュの正体とは

牛乳とは全く異質!コーヒーフレッシュの正体とは

こんにちは、住田です。

喫茶店などでもよく出される
コーヒーフレッシュ。

当たり前のようにもらうので
コーヒーに入れている人も
少なくないと思います。

使い切りタイプで小さくて便利なので
家の棚に入っている人もいると思います。

でも、疑問に思いませんか?

・常温保存ができること
・賞味期限が非常に長いこと

コーヒーフレッシュは
真っ白い見た目なので、
「ミルク」のように思っている人もいますが、
ミルクであれば、
このような特徴は絶対にありえませんよね。

コーヒーフレッシュは実は、
植物油に水と添加物を混ぜて作られています。

ミルク風の油です。

だから常温保存ができ、賞味期限が長く、
そして安いのです。

油と水を混ぜ合わせるために、
発がん性が指摘されている乳化剤を使い、
とろみをつけるために増粘多糖類を使い、
賞味期限を長くするためにPH調製剤を使い、
着色料や香料も使われています。

つまり、
コーヒーにコーヒーフレッシュを入れることは

コーヒーに
「添加物たっぷりの油」を入れている

ということなのです。

コーヒーにこだわっているはずの喫茶店なのに
普通にコーヒーフレッシュを出されてしまうと
僕はとても気持ちが萎えてしまいます。

詰めが甘い!
細部までこだわってほしい!と思います。

コーヒーフレッシュを入れると
確かになめらかな味わいになるような気はしますが、
これを入れてまで
コーヒーを飲む必要はないと思います。

コーヒーは好きだけど、
ブラックは苦手というのであれば
そのまんまミルクを入れた方が
はるかに安心です。

コーヒーフレッシュを入れようと思ったら
油をわざわざ入れる必要があるのかと
一呼吸おくようにしてください。

いらないですから。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です