会社を最も愛している人は社長

会社を最も愛している人は社長

こんにちは、住田です。

誰に言われたか忘れた言葉
「会社のことを一番愛しているのは社長だ」

創業者であり、
生みの苦しみを味わっているので
その通りだと思います。

この言葉を聞いたときに
僕の脳内に出てきたイメージは
報われない恋!(笑)

社長の横に最愛の女性がいて
その人に対してどれだけ貢いでも貢いでも
最後の一線を越えることはできない
というイメージでした。


たぶん多くの人は「ふーん」
としか思わない言葉だと思うのですが
僕の中では恐怖心が呼び起こされる言葉です。

多くの人にとって、
仕事は人生の大半を費やすものです。

仕事=人生
と言っても過言ではありません。

一度しかない人生なのに、
報われない恋をし続けることに
僕は意味を見いだせませんでした。

もちろん、あなたの労働力を貢ぎ続けることで
定期的にお金をいただくことはできるのは
とてもメリットがあると思います。

がんばってもがんばらなくても
変わらないお金をもらえるのは
ありがたい限りです。

でも、やっぱりそういうのは面白くないです。

あくまでも他人の会社なので、
自分の方向性と会社の方向性が100%と
心からマッチすることなんてありえないです。

人生1度しかないのですから、
・自分の人生の舵は自分で取りたい
・自分が心から信じられることに全力を注ぎたい
・自分の人生の価値は自分で最大限に高めたい
と僕は考えます。

なので、この言葉を思い出すたびに、
会社員にはなれないと思います。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です