富裕層は詐欺師ばかりで人の生き血をすすっている?

富裕層は詐欺師ばかりで人の生き血をすすっている?

こんにちは、住田です。

以前、一脚20万円の椅子など
高級家具を取り扱っている会社で
配送のバイトをしていました。

某美容クリニックの有名社長のご自宅は
子供部屋が、
小学校の25mプール以上に大きかったです。

ある社長さんはプライベートビリヤード場があり
吹き抜けリビングがあって、
暖炉の煙突が一階から三階まで突き抜けていました。

別の社長さんは、
マグロの解体ショーをするための
大きなキッチンがリビングにありました。
(別に飲食系の会社を経営しているわけではない)

ホームエレベーターは
基本的に当たり前でしたね。

白金近辺に配送に行くことが多く、
お金持ちさんの家にばかり伺っていました。

妬みも含んでいたと思うのですが、
配達員の社員さんは
「ここらへんに住んでいるやつは人の生き血をすすって生きてる」
とよく言っていたのを覚えています。

確かに、一介のサラリーマンからすれば
規格外のお金持ちさんのような生活は
夢のまた夢だと思います。

想像もつかない世界なので
お金持ちさんを
ネガティブにとらえてしまう気持ちも
分からなくはないです。

ただ、この考えは違うと思います。

僕の好きな言葉に
「あなたが手にするお金は、ありがとうの数であり
 どれだけの人のお役に立てたかという証明」
という言葉があります。

年収300万円の方は、
それだけの数のお役に立ったということであり
年収1億円の方は、
より多くの方の役に立っているということです。

お金持ちの方は、そうじゃない方よりも
はるかに多くの方のお役に立っているからこそ
お金持ちさんなのです。

子供部屋がプール以上に大きかった社長は、
日本全国に美容クリニックを出していて
日本女性の美の願いを叶え続けていますしね。

もちろん悪さをしてしまう人も中にはいますが、
お金持ちであり続けることができるということは
その分多くの方に
感謝され続けているという証明なのです。

自分より稼いでいる人を見ると
悔しさとか妬みの感情が生まれてしまいがちなのですが、
どうすれば自分がもっと人の役に立てるのかを
考えるのが先だと思います。

くだらないプライドでは
お腹いっぱいになりませんよ。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です