質の高い記事ライターさんを探すには初回テストは必須です

質の高い記事ライターさんを探すには初回テストは必須です

こんにちは、住田です。

アフィリエイトで
さらに成果を伸ばそうとした時に必要な
「外注化」

これまで外注さん
のべ200人以上に依頼をしてきたので
そこで培ったコツをご紹介します。

アフィリエイト外注化のコツ その8
「初回記事でテストする」

クラウドソーシングで仕事をされている方は
言い方は悪いですが玉石混交です。

社会人経験をしっかりされている方と
そうではない方では、
成果物の出来が全然違います。

ダメな外注さんと契約をしてしまうと
対応コストばかりかかってしまうので
こういった方は最初の時点で
はじいてしまいます。

良い人かダメな人かを見極めるためには
やはり1回だけ記事を書いてもらうのがベストです。

たとえば
初回テストをする場合は、
トライアル価格を記載して
以下のように募集すると良いでしょう。

・1か月20記事の対応が可能な方
・1記事1500文字以上
・1記事1000円(税抜・手数料込)

ただし、初回はトライアルとして
1記事のみの発注とします。
1記事700円(税抜・手数料込)にてご応募ください。

という感じです。(金額は適当)

なお、初回テストであっても、
ちゃんと報酬を支払ってあげてくださいね。

あるアフィリエイターさんは
・初回テストは無料
・本契約の場合はテスト分も含んで支払う
 契約に至らなかった場合は、破棄
というやり方をされていました。

確かに、このやり方だと
クライアント側から見ればコストはかかりません。

でも契約に至らなかった場合、
外注さんのみ対応コストが発生することになり
外注さんのみがリスクを背負うことになります。

クライアントがリスクを背負わず
外注さんのみがリスクを背負う
というのはフェアではありません。

お互いにリスクを背負うためにも
初回はトライアル価格でテストをする
というやり方が、
僕は一番フェアだと考えます。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です