アフィリエイトで外注するコツ!募集ページは分かりやすく書く

アフィリエイトで外注するコツ!募集ページは分かりやすく書く

こんにちは、住田です。

アフィリエイトで
さらに成果を伸ばそうとした時に必要な
「外注化」

これまで外注さん
のべ200人以上に依頼をしてきたので
そこで培ったコツをご紹介します。

アフィリエイト外注化のコツ その5
「募集ページは分かりやすく」

分かりやすくとは
以下の点を書くと良いということです。

・項目を書く
・罫線を使用する

項目を書く

募集ページには以下の項目を書きましょう。

・仕事の詳細
・応募条件
・報酬額
・注意事項

その他、何か特筆すべきことがあったら
項目として表記すると分かりやすくなります。

罫線を使用する

罫線とはこういうのです。

====================
////////////////////////////////////////
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━

「メール 罫線」と検索をしたら
他にもたくさん出てきますので
好きなものを使ってください。

使い方としては、項目を目立たせるために使います。
こういう感じですね。

====================
仕事の詳細
====================

まとめ

クラウドワークスやランサーズなどの
依頼の募集ページは、
テキストベースとなります。

クラウドワークスであれば
フォントを大きくしたり、赤色を使えたりします。

でもやっぱりテキストベースのページって
味気ないんですよね!

他の募集ページを見ていただくと
よく分かるのですが、
淡々と募集内容を書いているだけ。
非常に、味気ない。

クラウドソーシングはお互いに顔の見えないお取引です。

新規のお付き合いをする方も、
どういう依頼者でどういう仕事なんだろうと
ドキドキしながら検討・応募をしてきます。

その時に、外注さんに安心感を与えて
興味をもってもらいやすくするためにも、

分かりやすく、手をかけてページを作る

というのが大切だと思います。

ある程度場数を踏んで行くと
募集ページ1つで、
この応募者はセンスがあるかないかも分かります。

味気ない募集ページの中にも、
さらに味気ない募集ページとかあると
大体依頼件数が少ない人達ですね。

応募者側も厳選されているということを理解して
募集ページを作るようにしましょう!

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です