配達 玄関前

日本郵便が来春から配達物を玄関前に置くというサービスを始めるそうです。再配達のコストを削減することが狙いのようです。

これ、もし商品が紛失していた場合、責任の所在はどうなるのでしょうね。

受け取り側が、従来どおりの配達か玄関前に置くだけかを選べるということは、紛失時の責任の所在は受け取り側になるのでしょうね。

とは言っても、最終的にはネットショップが負担することになるのだと思いますが、そうなってくると、そもそも玄関前配達を率先してやろうという人がどれだけいるのか。

再配達コストを削減という目的をかかげたのまでは良いのですが、その解決手段として玄関前に置いておきますというだけだとあまりに投げやりかな。

盗難リスクの回避をどう考えているのか、続報が楽しみです。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です