http https 切替

http https 切替

住田です。

googleがhttp接続のサイトには警告を出して、httpsサイトを推奨すると発表してから、多くのサイトでのhttps化が進んでいます。昨年末時点で、アメリカでは70%以上、日本では50%以上のサイトがhttpsに対応をしているそうです。

よくわからない方は、見た目上はこういう違いです
警告)http://www.yahoo.co.jp
推奨)https://www.yahoo.co.jp


僕も持っているサイトはすべてhttps化済。以前は有料で対応するしかなかったですが、各レンタルサーバー業者でもサービスが向上して、新規で作った場合は無料で対応できるようになったのも、利用数増加に大きく貢献しているように思います。

その一方で、きちんとhttps化がきちんと対応できていないような企業HPもよく見かけます。「きちんと」とは、せっかくhttpsに対応をしているのにも関わらず、検索結果に出てくるサイトはhttpのもので「警告」が出てしまっているケース。

けっこう有名な企業でもそうなんですよね。ここがhttpsに対応していないの?と思って、試しにhttpsを入力するとちゃんと対応できているということはザラ。

おいしいのですが、あと一歩が足りていません。

httpsサイトを作ったのであれば、httpからのリダイレクト設定をすることで完全な状態になります。リダイレクトとは、自動転送設定のことです。

たとえば、
http://www.yahoo.co.jp をクリックすると、
自動で
https://www.yahoo.co.jp が表示されますよね。

この設定をするには、サーバーにログインをして、.htaccessに3行ぐらいの構文を入力するだけです。

ちなみに、サイトに画像データやリンクを埋め込んでいた場合は、それもhttpsに変更をしておかないと警告が出ます。要は、ページ内に「http」で始まるものがあるとダメなのです。

wordpressであればプラグインで一括置換が可能ですし、htmlのHPであっても適切なテキストアプリで一括置換なんて簡単なはず。

あと一歩ができていないだけで、全部ダメになっているのは本当にもったいない限りです。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です