本当に人生に無駄なことはないって思ってるの?

本当に人生に無駄なことはないって思ってるの?

こんにちは、住田です。

自己啓発系セミナーに行っている人に
こう言われる方が多い印象があります。

「人生に無駄なことはない」

この言葉を聞くと、
僕はうーんと首をかしげます。

半分正解で半分不正解かな。

過去の延長線上に今の自分があるので
全ての出来事は自分の血肉に
なっているとは思います。

でも過去を無条件に肯定することに
疑問を感じます。

無駄ではなかったとしても
「しなくてもいいこと」は
存在するからです。

たとえば僕の例で言えば、
以前結局失敗した事業は早々と
損切りをすればよかったと思います。

起業家の意地を変に出したせいで、
そのあとの復活に
時間がかかってしまったので。

無駄ではなかったとは思いますが
またこの経験をしたいですか?
と聞かれると、

『NO』

と即答します。

「人生には
無駄なことはないかもしれないが
しなくてもいいことはある」
というのが僕の考えです。

「無駄なことはない」と断言してしまうと
過去の失敗のPDCAプロセスを
放棄してしまっているように感じてしまいます。

結局のところ、
PDCAサイクルをどれだけ早められるかが
成功できるかどうかの分かれ道だからです。

プランAを実施→失敗
プランBを実施→失敗
プランCを実施→失敗
プランDを実施→成功

成功するためには、
AからDに至らないといけないんです。

でも無駄なことはないと言い切ってしまうと

プランAを実施→失敗
プランA’を実施→失敗
プランA”を実施→失敗
プランA”’を実施→失敗

という風に、やることなすことが飛躍せずに
似たようなところでの
失敗を繰り返すように思います。

実施したプランAの良かった点を探すのではなくて、
実施したプランAの改善点を探し続けて次に活かす
ということが
僕は建設的な考え方であると思います。

「無駄なことはない」と言いたい人は
おそらく過去の自分を守ろうという
意識が先行してしまっていると思います。

まずは自分の失敗を認めることが先かな。
プライドじゃご飯はいつまでも食べられないので。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です