家族に反対されました

家族に反対されました

住田です。

あるセミナーに参加して、参考になったことをシェアします。

副業で新しいことを始めようとすると、「家族に反対されて・・・」ということを言われる方が一定数います。


家計を一緒にする人がいると、自分一人だけで決められないことがあるという気持ちはよくわかります。ですが、何かをやろうとして反対をされるということは、「あなたに信用がない」ということです。

何かを新しく始めようとすると、最初はお金や時間が出ていくことになるので、実績がない方だとマイナス面が目立ってしまって反対されてしまうのは仕方がないと思います。

ではどうしたらいいのかというと、「振り切る(=やりきる)」ことが重要ということです。

女性は感情の生き物なので、「結果」で示す必要があるのです。何もやらないうちから、ああだこうだと言ったところで不安を逆なでしてしまうだけです。

そうならないためには、まずは「振り切る」こと。
覆らない結果さえついてくれば反対されることはありません。

「家族」というフィルターを見てしまうと、なんだか甘くなってしまう人が多いように思います。でも「会社」というフィルターで見れば、もっとロジカルに判断できるハズ。

たとえば、あなたの勤務先の会社の社長が、何か新しい事業をはじめようと思い、会議で打ち出したとします。その会議で、「でもこの事業、奥さんに反対されているんだよね」と言ってきたら、『いや、その程度の考えならやめろよ』って思いませんか?

一方で社長が「この事業、絶対に成功させるからやろう!(ドンッ!)」と言ってきたら、『いろいろ不安はあるけど、やってみるか』って思うと思います。

副業とは「仕事」です。「家族」フィルターではなく、「会社フィルター」で考えて、「振り切る」ということが必要だと思います。

家族に反対されました・・・と言うぐらいであれば、ヤメチマエってことですね。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です