楽天でふるさと納税するのは本当にお得?簡単節税ナビ!

ふるさと納税人気は年々高くなっていますね。まだ始めていない方も、楽に簡単にできるのであれば始めたいと思っている方がほとんどだと思います。中でも、楽天のふるさと納税サービスには注目が集まっています。

たくさんのふるさと納税サイトの中から、楽天を選ぶメリットにはどのようなものがあるのか、デメリットとともにご紹介していきたいと思います。お得に活用できる方法もあるので、ぜひ確認してみて下さい。

楽天市場 ふるさと納税とは?

ふるさと納税に関しては、さまざまなサイトから直接自治体の選択、寄附、返礼品のお届けまですべて完了できるようになっています。基本的には、返礼品を詳しく紹介するサイトが多いのですが、楽天のふるさと納税では、楽天に限定した返礼品を見ることが出来ます。

つまり、楽天ならではのサービスを受けられるほか、ポイントを取得できるといったふるさと納税そのもののお得感にプラスしたメリットを受けることができるのです。

楽天独自のお買い物ポイントを利用し、うまく活用しているのが楽天市場 ふるさと納税といえるでしょう。

楽天市場 ふるさと納税にはどんなメリットがある?

特典がないサイトが多い中、楽天でふるさと納税を行うことによって得られるメリットは2つあります。

還元率

楽天ショッピングを利用した方ならご存知かと思いますが、楽天でお買い物をする際、楽天カードでの支払い+楽天会員であればポイント還元率は高くなります。

通常のふるさと納税であれば、2千円の負担で済むというメリットを得ることができますが、楽天ならさらに+してポイントでの還元を得ることが出来るのです。

会員・カード所有と支払い、さらにポイント取得率がアップするキャンペーンを利用すればさらにお得に利用できます。

ポイント額での寄附ができる

納税(寄附)するためには、いくら後から還元されるとはいえ、現金が必要になります。所得税などの納税額から還元されるまでには時間を要しますが、楽天なら今までお買い物をして貯めたポイントを現金代わりに利用することができます。

もちろん、キャンペーン期間中に取得したポイントも利用できるため、そういったサービスを上手く活用すればかなり負担金を押さえることができるのです。

楽天でふるさと納税するのは本当にお得?簡単節税ナビ!

お得に活用する方法

何といっても、お得さを重視したい楽天市場 ふるさと納税。いかにお得さを得るかにポイントを絞って活用する方法についても解説していきましょう。

楽天アプリでふるさと納税する

楽天会員になることが条件であるものの、楽天アプリをダウンロードし、そこからお買い物をするだけでポイント還元率はアップします。

楽天カードで支払う

さらに楽天カードで支払いをすると、ポイント還元率は3倍に跳ね上がります。年会費も必要なく、クレジット機能が付いたカードで支払うだけというお手軽な方法です。

プレミアム・ゴールドならさらに1倍

年会費が必要なものの、楽天でのお買い物が毎月多い方には年会費を支払ってでもこのカードを持つ方がポイントはお得になります。

キャンペーン期間を利用する

特に重きをおいて頂きたいのがキャンペーン期間です。普通に楽天ショッピングでお買い物をするのと同様に、ふるさと納税に関してもキャンペーン期間によるお得さを味わうことができます。

最大10%にもなる還元率は、楽天ならではといえるでしょう。

この機会に楽天カードを作ろう!

ふるさと納税自体が私たち納税者にとってお得ではありますが、楽天を利用することによって得られる“お得さ”を考えると、楽天カードを利用することは大前提といえます。

楽天のカードを作成するだけで基本的に5000円分のポイントが付与されます。ゴールドカードならさらに+して5000円分のポイントを得ることも可能です。

楽天カードの作り方

1.まずは楽天会員への登録を行います。
2.2017年現在では、楽天カードの新規登録により、5000ポイントを得ることが出来ます。
3.申し込みには、あなたの基本情報と勤務先情報などを入力します。もちろん主婦、学生でも作ることは可能です。
4.カード審査の結果は数分後に届く場合もありますが、最長でも7日以内に届きます。
5.審査をクリアしてからお手元にカードが届くまで、約1週間かかります。
6.お手元にカードが届いたら、そこからは晴れて楽天ユーザーです。

キャンペーンなどを利用してポイントをさらにゲットするためには、キャンペーンへのエントリーなども必要になります。

※2017年現在では、カードを作成したのち、1回利用することで+3000円分のポイントを得ることができるようになっています。

ふるさと納税だけでも節税になりますが、楽天を活用するとさらなるお得さを手に入れることが可能です。返礼品の充実差から選ぶのか、節税に+したメリットを選ぶのかによっても異なりますが、お得さを考えるのであればぜひ楽天市場 ふるさと納税を利用してみて下さいね。