勘違いだらけのメラビアンの法則

勘違いだらけのメラビアンの法則

こんにちは、住田です。

メラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える
影響がどのように及ぼしているかを数値化したものです。

7%=言語情報(話している内容)
38%=聴覚情報(声の大きさ・口調)
55%=視覚情報(見た目・表情・視線・ボディーランゲージ)

参考:wikipedia

この結果だけを踏まえて、
コミュニケーションでは、
「話している内容よりも見た目が大事」という俗説が
一人歩きしてしまっています。

しかし、はたして本当にそうでしょうか??

答えは「NO」です。

そもそも、人のコミュニケーションの要素が、
たったこの3つの要素だけで済むわけがありません。

その人への信頼度だったり、
話している場所だったり、
その時の心の状態だったり、
さまざまな要因が絡み合っています。

メラビアンさんの実験について、
ここで細かく説明しても仕方がないので、
簡単にまとめます。

メラビアンさんは、
「視覚」「聴覚」「言語」の3つで、
どのような影響がでるのかを実験しただけで、
「コミュニケーション」の法則としては、
実験はしていないということです。

そのため、コミュニケーション全般において
この法則が適応されるということはありえません。

日本人はけっこうこういう
「●●の法則」とか「●●の四原則」という
言葉がとても好きだと思いますが、
あまりスキル的なことにとらわれすぎないように
気をつけたいですね。

スミタメルマガ
サラリーマンをしながら、副業で月50万円以上の安定収入を得ている方法を包み隠さず公開いたします。メールマガジンにご登録いただいた方全員に、0からお金を稼ぐためのお役立ちレポートをお送りいたします。

※注意事項 メールマガジンが不要と判断された場合には、本文下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です